いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【買い替えの成功は営業担当者の力量に影響される

 以前に買い替え住宅ローンについて書いたけど、実際に家を買い替えするのは、場合によってはなかなか難易度が高いのよ。今の家が売れないと次を買えないパターンよね。つまり、今の家が売れたお金で住宅ローンを消さないと、次の家の住宅ローンが組めないって時ね。この場合、今の家を売るのと、次の家を探すのと、同時並行で行わないといけないわけね。もし、先に今の家が売れたら、至急に次の家を探さないといけないわね。そうすると、焦っちゃって、妥協してしまうことがあるわね。もし、欲しい家が見つかった場合、今の家を売るのに妥協して、安く売らないといけない場合もあるわね。

 こんな風に買い替えの場合は先に『今の家が売れる』か、『欲しい家が先に見つかる』かのどっちかになってしまうわね。まれに、同時になることもあるけど、よっぽど運が良くないと難しいわね。

 はっきりいうわ!どんくさい営業担当者にあたると、妥協度が上がってしまうわ。当然、運もあるけど、営業担当者の力量にかかってると言っても過言ではないわ。

 例えば、先に今の家が売れた場合に備えて、いかにいろんな提案がもらえるかよね。そういことが起こったらどうなるか、どんな行動をしないといけないか、どこで妥協するか、ってことを事前に営業担当者がしっかりと意識付けてくれててれば、あたふたせずに次の家を決めることができるわよね。それから、先に欲しい家が見つかった場合も同じよね。その時は、『価格をここまで下げる』って覚悟を持っとけば、冷静に判断できるわね。それと、できる営業担当者は、過去に買いたいと思って問い合わせがあって、なんらかの理由でやめたり、保留になっているお客さんに再びアプローチしたりするわね。

 当然、最終的に意思決定をするのはあなただけど、そこに行き着くまで上手く誘導してくれる営業担当者が素敵よね。

家賃並みのお支払いで注文住宅並みのマイホームを手に入れよう!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村