いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【自由設計新築戸建てで窓を決めるのに気をつけること】

 自由設計で家を建てるのって夢があるわよね。間取りや収納、クロス、外壁、自分達が選べるのは楽しいわよね。もちろん、自分達だけでは決められないこともあるから、営業の方や設計士の方にアドバイスをもらうこともあるわよね。営業や設計士は、これまでの経験や知識、予算、デザインも考えながら提案してくれるので、ある程度任せてしまうところもでてくるわよね。

 そこで意外と盲点なのが窓なのよ。メーカーによっては様々な窓があるわよね。おそらくいきなり「ここはこの窓を使って下さい。」と希望を伝える人はかなりレアーケースね。ほとんどは、設計士が採光(光を取り入れる)や通風、デザインなどを加味しながら提案することになるわよね。それをお客さんが見て、これまた、「やっぱりこの窓にして欲しい。」というのもレアーケースね。だいたいは、窓は提案されたままが多いわよね。

 ここでよく窓の形を見て欲しいのよ。たぶん、そこまで考えてくれる営業や設計士は少ないと思うことをこれから書くわよ。

 窓にはカーテンやブラインドがいるわよね。設置場所や大きさによっては、カーテン、ブラインドは付けずにすりガラスにする場合もあるかしら。縦に長い窓、横に長い窓、丸い窓、なんかな特殊な窓になると、カーテンやブラインドを付ける時にわかることがあるのよ。まあ、たいがいオーダーメイドになるわよね。既製品は使えないケースが多いわね。おっとビックリ!そんな金額するのか!ってなっちゃうのよ。かわいいからって丸い窓なんか付けちゃうとたいへんよ。カーテンがいらないところならいいけど、でも、もし割れてしまったらたいへんよ。特殊だから、すご~く高くなるわよ。それに、取り替えるのにすご~く時間がかかる可能性があるわよね。

 ようするに、家にかける予算は、カーテンやブラインドのことも考えて決めた方がいいってことなのよ。デザイン重視になると後からいろいろお金がかかるから、LDKだけおしゃれで、特殊な窓にするとか絞って選ぶのも一つよね。

 

持ち家計画

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村