いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【住宅ローン控除で気をつけること】

 家を買って、条件をクリアできたら住宅ローン控除と言って所得税が返ってくる制度を使えるって知ってるわよね。細かい制限や条件は今回割愛して、『え〜そうなの』って思うことを書くわね。

 ざっくり言うと、住宅ローンの年末残高の1%が所得税から引かれて、特定の場合を除いて最高で40万円返ってくるのよ。しかも10年間続くのよ。すご〜くお得に思うわね。でも1%ってことは4000万円のローン残高が残っていないとダメなわけね。なかなかそれだけ住宅ローン組む人は少ないわよね。まあでも、年末の住宅ローン残高が2000万円だとしても20万円だからでかいわよね。って思っちゃうけど、2000万円の残高がある方、みんなが20万円返ってくるわけじゃないわよ。ここが、みんな間違ってる場合があるのよ。あえて“返ってくる”って表現したから、気づいた方もいると思うけど、つまりは、20万円以上の所得税を払っている場合だけが20万円返ってくるのよ。もし10万円しか所得税を払ってなければ20万円の控除があっても10万円しか返ってこないのよ。だってそうでしょ、払ってないのに返すも何もないでしょ。ここ、気をつけてね。毎年、源泉徴収票を年末位にもらうでしょ。そこの所得税の欄を見るといいかしら。その金額と住宅ローンを組む金額とにらめっこしたらいいわよ。ウハウハって思う人もいるわよね。でも、たとえ5万円でも10万円でも嬉しいわよ。本来は払わないといけない税金が返ってくるのだから。

 あと、めんどくさいことに、住宅ローンを組んだ翌年に、サラリーマンの人は1回だけ確定申告しないといけないのよ。ちょっとややこしけど、税金が返ってくるのだから頑張らないとね。次の年からは年末調整の時に必要書類を経理の方に提出すればいいのよ。

 意外とここまで説明してくれる不動産会社の営業担当者は少ないわよ。「住宅ローン控除で所得税が返ってきてお得ですよ♪」って言うのは営業トークだけど、ふか〜いところまで知っていて、丁寧に説明してくれる方は少ないわね。

持ち家計画

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村