いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【登記費用は司法書士により変わる】

 家を買う時の諸費用の中で、“登記費用”っていうのがあるわよね。登記は不動産の所有権を主張する為に登記簿に名義を書き換えることよね。ようは、この土地や家は自分のものだから記録に残すってことね。

 登記費用は“登録免許税”と”謄本をあげる手数料“、“司法書士の報酬”から構成されているのよ。“司法書士の報酬”以外は誰に頼んでも一緒なのよ。自分でやれば、”司法書士の報酬“はいらないわよね。でも、なかなか書類が面倒で、自分でやるのは難しいわよ。住宅ローンを組むと抵当権の設定ってのがあって、ようは、金融機関が住宅ローンの返済ができない時にその不動産を競売にかけて売ることができるようにしておくことね。これも、書類作成が難しいし、司法書士の資格を持った信頼できる方にしか金融機関は任せることはないのよ。

 結局のところ、登記を自分でやることは、ほぼできないので、司法書士に頼むってことになるわね。ただ、頼む司法書士によっては、さっき書いた”司法書士の報酬“の部分で差がでるのよ。だいたいは不動産会社から司法書士を紹介されることがあって、任せてしまうケースが多いわよね。想像がつかない金額なので、こんなものかと思ってしまうのよね。中には、”司法書士の報酬“をガッツリのせていることもあるのよ。

 できる限りしか無理だけど、知り合いをたどって、司法書士に頼む方が安くなることもあるから、不動産会社に任せっきりにしない方がいいかしら。

 

持ち家計画

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村