いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【物件選び①予算】

 ①予算、②所在地、③大きさ、

 物件選びの希望条件の柱となるのは、この三つよね。まずは①の予算よね、あり余るお金があれば苦労しないわよね。みんないろんな事情があるわよね。収入と支出で、買える物件が限られてくるのが現実よね。家購入の支払いはキャッシュ!なんてことはないわよね。そう、ほとんどの人が住宅ローンを組むわよね。他に車のローンとかの借入がない前提で言っちゃうけど、住宅ローンが組める金額の目安として、だいたい年収の5倍程度、なんてのはひと昔前で、今は、年収の6~7倍くらいはいけちゃうのね。あくまで目安よ。程度によるけど過去にローンで滞納なんかがあったらダメよ!会社員の人は毎年、源泉徴収票というのをもらえるでしょ。それの一番最初の数字が年収よ。なんかいろいろ引かれてるでしょ、その引かれる前の数字よ。さぁ、計算してみて。年収400万円なら、6倍とすれば、2,400万円ね。だから、住宅ローンは2,400万円位借りれる可能性があるわけね。今は、お家を買う本体価格以外の諸費用も、一緒に住宅ローンを組むこともできる場合があるから、自己資金がほとんどなくても大丈夫な場合もあるわよ。でも、実際は一時的に最低10万円は用意する必要があるのよね。契約する時の手付金ね。売主さんによっては手付金0でも契約を受け付けてくれるとこもあるので、そこは相談ね。でも、安心して、物件価格と諸費用をまとめて住宅ローンを組むと、最終の取引(決済)の時に手付金分は帰ってくるのよ!手付金は契約した物件価格の一部に充当されるからってことよ。つまり、手付金は物件価格の一部になってるのよ。

 そうそう、諸費用がどれくらいかかるかわからないと、いったいどれくらいの物件が買えるかわからないわよね。諸費用だいだい物件価格の0.8~1割程度ね。諸費用は多めにみて約1割強として、(多めに見た方が安心でしょ!)さっきの2,400万円の住宅ローンとしたら、

 購入可能物件価格:約2,180万円

 諸費用:約220万円

 合計:2,400万円

 計算は簡単よね。諸費用1割だから、逆算するの。

 2,400万円(ローン借入可能金額)÷1.1≒2,180万円・・・購入可能物件価格

 2,400万円(ローン借入可能金額)-2,180万円(物件価格)・・・諸費用

 諸費用が0.8割なら、1.08でローン借入可能金額を割ればいいのよ。

  夫婦共働きの場合で、どちらも正社員の場合は年収を合算できて、どちらかがパートの場合は、その年収を加えてくれないこともあるけど、パート年収の半分を合算してくれる場合もあるわよ。

 どお、これで、だいたいどれくらいの物件が買えるかわかった?

 わからないこととか、質問のある人はお気軽にコメントしてね!

 

 

持ち家計画

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村