いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【契約の時の手付金っていくら準備すればいいの】

 前回は『不動産買付確約書』のこと書いたけど、条件がまとまって、いよいよ契約となった時に不安なのが、手付金の額よね。

 一体いくら準備したらいいかって?

 実は決まりはないのよ。慣習的には、物件価格の1割位よね。価格が2,000万円なら200万円え、そんな大金すぐに出せないって。そこは売主さんとの相談ね。売主さんが個人の方なら不動産会社がとりまとめてくれるので、不動産会社に自分たちが出せる金額を伝えるといいわ。でも、最低でも10万円は必要ね。売主が不動産会社で柔軟性のあるところなら、10万でもOK!っていってくれるところはたくさんあるわよ。個人の方でも売れて欲しいので、OKを出す方は多いわね。遠慮せずに、思い切って「手付金は10万円でお願いできますか?」って言ってみたら。

 気づいた方はいるわよね。

 前回書いた『不動産買付確約書と申込証拠金10万円』のこと覚えてる?そう、申込証拠金の10万円を契約の手付金にスライドすることができるのよ。でも、10万円じゃぁダメって言われたらどうするのって。親や兄弟姉妹、身内に借りるしかないわね。間違っても、カードローンとかは使っちゃダメよ。住宅ローンが通らなくなくなるからね。「貸して」って言うの言いにくいこともあるわよね。でも安心して、今は物件価格分と諸費用分、ぜ〜んぶ住宅ローンが組めちゃうから(もちろん審査はあるわよ)、最後の取引が終わると、通帳には手付金で払った分のお金が残っているのよ。だって、そうでしょ、まるまるローン組むんだから、手付金分が浮いちゃうわけ。だから、親とかに借りてもすぐに返せるわ。

 ここで、暴露というか裏話ね。

 手付金がどうしても100万円いるから、親に「100万円貸して欲しい」と頼むじゃない。その時、さっき言ったけど、住宅ローンをまるまる組むからその時に返す、と説明すれば言いやすいわよね。親は子供の為に協力したいもので、「じゃ貸してやろう!」というわけ。そして、取引が済んだ後に、報告と100万円を返す為に親のところに行くわけね。そしたら、親は「100万円は返さなくてもいいよ」っていうこともあるのよ。これ、実際に何度か聞いた話しよ。親は嬉しいのよ、子供が立派に家を買って、自分の城を持つんだから。

 家を買う時はいろいろドラマがあるわよね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村