いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【投資用区分マンションってどうなの?】

 

 銀行に貯金しても利息ってすご〜く少ないわよね。そうすると、株とかFXで運用しようとする人もいるけど、よっぽど勉強して研究しないと逆にお金は減っていくかしら。比較的安定しているのが不動産投資よね。いきなり何千万円も借金して投資用不動産を買うのもリスキーでしょ。だから、投資用の区分マンションで2000万円前後位迄だったらどうなのよって思うわね。マンション買って、それを誰かに貸して、収入を得て経費やローン払って引いた分の残りが利益になるんだけど...はっきり言うわ、危険ね。

 よく『投資用の区分マンションを買いませんか』っていうセミナーをやってるの知ってる?全部を否定するつもりはないけど、そんなに上手くはいかないわよ。区分マンションの場合だと、管理費と修繕積立金を毎月払わないといけないでしょ。それに毎年、固定資産税なんかも払わないといけないでしょ。ぶっちゃけほとんど手元には残らないわよ。セミナーなんかでは”減価償却費“って言葉が出てくるんだけど、別名魔法の経費って言われてるかしら。詳しく説明すると長くなるから割愛するけど、ざっくり言うと、買った建物を何年かに渡って費用として計上できるのよ。減価償却費まで計上しちゃうと、利益はマイナスになる事があるのよ。つまりは赤字ね。でも、この減価償却費は計上する時に実際にはお金を払ってないのよ。不思議に思うかもしれないけど税法上はそうなっているわけね。じゃあ、そのマイナス出た分どうなるのって思うでしょ。そのマイナス分をお給料と一緒に通算できるから、払いすぎた所得税を確定申告することで戻ってくる場合があるのよ。なんかおいしい話しに聞こえるでしょ。セミナーなんかではそんな話しがあって、みんなその気になっちゃうことがあるかしら。でも、よく考えてみてね。それだけたくさんの所得税を払っている場合は確かに得する場合もあるわね。でも、リスクは大きいのよ。もし、お部屋を借りてくれてる方が出ていっちゃたらどうなる?お金も出ていくばかりになっちゃうわね。毎月必ず管理費と修繕積立金、それにローンの支払いはあるでしょ。あなた、それに耐えられる?もし、半年とか1年とかお部屋を借りてくれる方がなかったら、すご〜くたいへんでしょ。

 結局のところ、しばらく借りる方が見つからない場合でも、支払いに耐えられそうならいいけど、そうじゃなければ投資用区分マンションは買わない方がいいわね。あと付け足すと、新築の投資用区分マンションは経費も含めてほぼまるまるローンが組めることもあるけど、中古の場合はそうはいかないわね。物件価格の2〜3割位は自己資金を用意しないといけないかしら。物件価格が1000万円だと200〜300万円は必要になるわね。さて、さて、そんなリスクを犯して投資するか、よくよく考えた方がいいわよね。

安心・丁寧・分かりやすいで3冠!700万円からの中古区分マンション投資【NAN】

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村