いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【土地の境界と越境】

 住むための家を探す時にあまり気にしてない方が多いのが土地の境界なのよ。タイミング的には『この家に決めた』ってなった時か契約をする時に初めて意識するパターンが多いかしら。どうしても家の方や近隣の環境に目が行きがちだけど、土地の境界はかなり重要なので、ちゃんと確認しないとダメよ。

 隣の屋根とか建物の一部がはみ出てることあるわね。これを専門用語で“越境”って言うのよ。逆にこちら側がはみ出てる場合は“被越境”って言うんだけど、それもこれも土地の境界がわかっている時に確認できることよ。土地が狭いところにありがちだけど、大きな土地でもあるから気をつけないといけないのよ。契約の時に不動産会社の担当者から説明があって、初めて気づくことにならないように契約する前にしっかり確認して、それに対して担当者に対応してもらうようにした方がいいわよ。

 土地の境界があやふやな場合は、それを決める為の書面、“筆界確定書”というのをお隣さんと交わすのだけど、買う前の売主さんにやってもらうのよ。ところが、費用が結構かかるので、筆界確定はやらなくてここら辺で終わることも多々あるわね。ちなみに費用としては、土地に接しているお隣さんと一つの境界を決めるのに10万円程度が相場かしら。一つの境界にお隣さんが2軒接してたら20万円になるわね。登場人物が増えるとその分費用も増えるのよ。結構かかるでしょ。

 お隣さんの建物が明らかにはみ出てると、『将来建て替えをする時にははにでないように建てる』という覚書を交わしてもらう方がいいわね。

 あとで、土地の境界でもめて、お隣さんと仲が悪くなるのも嫌でしょ。これは、個人間で解決するのはなかなか大変なので、家を買う前にしっかりと不動産会社に対応してもらわないとダメよ。

 

あなたの不動産、今いくら?不動産の売却査定ならノムコム

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村