いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【建築条件付き売土地って何?】

 土地を買って、自分の好きな間取りで家を建てることができるっていいわよね。そんな土地にもいろいろ種類があるのよ。まずは、周りに昔からの家が建っていて、一つのところだけ売り出している土地とかあるわよね。建物がなくなっている更地のもあれば、古い家が付いたままのもあるわね。古い家が付いている場合は、現状のままで、解体は買主さんがする場合と売主さんが解体して更地にして渡してくれる場合があるわよ。解体を自分ところでするとなると、土地を買う前に見積りを取る必要があって面倒くさいわよね。そんなのは、物件を担当している不動産会社に頼めばいいかしら。でもね、不動産会社が知っている解体屋さんに見積りを取ってくれるのだけど、実は解体屋さんによっては10、20万円は平気で差が出ることがあるのよ。だから、不動産会社に任せっきりにしない方がいいわね。今はネットがあるじゃなあい!“解体一括見積り”ってググれば、一括で見積り依頼をしてくれるサイトがすぐに見つかるわよ。きっとそっちの方が安くなるかしら。

 他には分譲地って言って複数区間がまとまって売っている土地もあるわよね。この場合、“建築条件付き”ってなっていることが多いわよね。なんのこっちゃって思うでしょ。最近は、“建築条件付き”とは、っていう説明が書かれていることが多くなってきてるわね。簡単に言うと、『こっちが指定した建築会社(工務店、ハウスメーカとか)で家を建ててもらう』っていう条件が付くってことね。要するに土地だけを買うというよりは、建物もセットになって買うといったイメージかしら。中には、建物のプランも決まっていて、『少しの変更なら受け付ける』『決まった仕様(設備とかのメーカーなど)でカラーは選べる』てな感じでセッティングされているものもあるわね。当然、『間取りは法規制の範囲で予算に応じて自由に作れて、仕様も選べる』ていう自由度が高いものもあるわね。

 どのパターンなのかは、その土地を検討しようと思う前に担当している不動産会社にしっかりと聞いておいた方がいいかしら。でないと、せっかく盛り上がったのに、『あれは無理』『これは無理』って言われると、夢が崩れちゃうでしょ。

持ち家計画

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村