いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【媒介契約って何】

 ”媒介”って聞きなれない言葉だけど、”仲介”って意味なのよ。これならわかるでしょ。ようは、仲をとりもってくれることよ。だから、媒介契約は、『仲をとりもって下さい、あなたにお任せするので、お願いします。』というものなのよ。契約の種類が3種類あるのだけど、契約の縛りがきつい順でいくと、①”専属専任媒介契約”②”専任媒介契約”③”一般媒介契約”。いろいろ規定があるけど、他は割愛してわかりやすいところの説明をするわね。

 ①専属専任媒介契約は数多くある不動産業者の中から1社にしか仲介を任せることができないのよ。それと、誰かが不動産売買の話しをあなたに直接話しを持ってきても任せた1社を通さないとだめなのね。ようは、1社に仲介を任せるだけになるわね。

 ②”専任媒介契約”は1社に仲介を任せるのは一緒だけど、誰かが不動産売買の話しをあなたに直接話しを持ってきた場合、その方と直接取引ができるのよ。任せた1社を通さなくていいのよ。その場合は仲介手数料は払わなくていいのよ。

 ③”一般媒介契約”は数多くある不動産業者の中から何社に任せてもいいのよ。それと、誰かが不動産売買の話しをあなたに直接話しを持ってきた場合、その方と直接取引ができるの。

 この”媒介契約”の説明はいろんな方がネットでも書いているわよね。でもね、意外と抜けてることがあるのよ。何だかわかる?不動産会社に勤務している若手の方で、まだ売買契約をしてない方もピンとこない方もいるかもしれないわね。さあて、だいたいの説明では、『媒介契約は不動産の売却を宅地建物取引業者(不動産会社)に委任する契約』っていった感じのことが書いてあるかしら。これだけなら50点ね。意外とスルーされているのが、売却だけじゃあなくて、購入に関しても”媒介契約”が必要なのよ。売るのも買うのも”媒介契約”を不動産会社と結ばないといけないのよ。そうじゃないと、不動産会社は仲介手数料をお客さんから受け取ることができないのよ。

 ここから暴露話するわね。不動産会社は不動産を売ってもらうためになんとかお客さんと媒介契約を結びたいと思うのね。それから、1社だけにして欲しいと思うのもわかるわよね。複数の不動産会社に頼まれて、別のところを通されると仲介手数料が入ってこないでしょ。それに、お客さんが誰かと直接やりとりされても仲介手数料が入ってこないから、不動産会社は①の”専属専任媒介契約”を結ぶことが多い。って思うじゃない。実は違うのよ。②の”専任媒介契約が多いのよ。その理由の1つしては、報告義務があるってことなのよ。”専属専任媒介契約”は7日1回以上、”専任媒介契約”は14日1回以上の販売活動状況をお客さんに書面かメールで報告しないといけないのよ。気づいた方いるかしら。7日に1回の報告だと、たいへんだから、14日に1回の方にしてもらいたいと不動産会社は思うのよ。直接やりとりしてもいい”専属専任媒介契約”があるけど、現実的には直接やりとりすることは稀なのよ。何も知らない者どうしで交渉なんか始めたら、まとまる話しもまとまらないでしょ。それに契約書もつくらなきゃいけないし、そんな書類、シロートでは簡単に作成できないのよ。だから、不動産会社は、”専任媒介契約”で十分だと思うのよね。ちょっといやらしい話しよね、頻繁に報告するのが面倒だからって言う理由は…

持ち家計画

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村