いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

不動産豆知識【ローン代行手数料って必要?】

 家を買うほとんどの人が住宅ローンを組むわよね。直接、金融機関に行く人って極わずかなのよね。まぁ、ぶっちゃけて言えば、めんどくさい!ってのもあるけど、そろえる書類がすご~くたくさんあったりして、しかもその書類がどれかもわからないのよね。金融機関の担当者から丁寧に説明を受けても、いろいろありすぎて、忘れちゃうのよね。だから、不動産会社がお客さんの代わりにローン審査に必要な書類を集めて、金融機関に提出するのよ。家を買うとき、契約する前には必ず書面で説明があると思うけど、代わりにローンを提出する費用として、”ローン代行手数料”とか”ローン事務手数料”、”融資代行手数料”とか言ったりする費用がかかるのよね。だいたい、5~10万円(税別)を取るところが多いわよ。

 さて、ここからは自論になっちゃうけど、”ローン代行手数料”、これ要らないと思うのよね。契約が成立したら、不動産会社に仲介手数料を払うでしょ。ローン代行なんか付随業務で、その報酬は仲介手数料に含まれてるのじゃないの。しかも、10万円も取る不動産会社ってどやねん!と思ってしまうわよ。あたしは、過去にいろ~んな不動産会社に勤めたけど、”ローン代行手数料”を取るとこもあれば、取らないとこもあったわね。で、金額も5万円とか8万円とかいろいろだったかしら。ローンの代行業務は、まぁまぁ面倒だけど、はっきり言うわ!5万円の価値もないわよ。

 そろそろ暴露するわね。自分で金融機関に直接行って申し込めば、 ”ローン代行手数料”を不動産会社はとれないよね。さっき書類がややこしいって書いたけど、実はそんなに難しくないのよ。まずは、金融機関へ先に電話して、必要な書類を聞くのと、アポイントを取るのよ。今は、土日も相談やってる金融機関もあるわよ。金融機関の担当者がどんな風に書類のことを言うかだけど、源泉徴収票とか、免許証、保険証なんかの個人の書類関係だけ、その他は、売買契約した時に不動産会社からもらった、いっさいがっさいの書類ごと、金融機関に持っていったらいいのよ。その中から、金融機関の担当者が、必要な書類をコピーして返してくれるから。これで、5~10万円は節約できるのよ。なんか、お家買う時って、1000万円、2000万円、3000万円って数字みてると、

金銭感覚が麻痺してきて、5万、10万ならいいっかぁと思ってしまうのよ。冷静に考えてね、5万円あったら美味しものい~ぱい食べれるわよ。10万円あったら、旅行も行けちゃうわよ。金銭感覚、戻ってきた?

 語っちゃうけど、世の中は、めんどくさい!と思うことが商売になってるのよ。

めんどくさい!ことを自分でやれば、節約できるのよね。

  

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村