いろんな家を売るオトコ

現役不動産営業マンの私が、不動産にまつわるきっと役に立つ豆知識や、裏話を暴露しちゃいます

転職物語 3社目迄の間 総集編

どうも、44歳で孫ができた、不動産業界で働く、

現在46歳のおじいちゃん、ラポールです。

転職物語3社目までの間の記事を繋げ、まとめました。

長編ですのでお時間ある時に読んで下さい。

 

3社目迄の間

さて、突発的に税理士事務所を辞めたラポールは、

またプータローです。

もう税理士になり、自分の事務所を開所する夢はあきらめた。

この先どうするか、考える力が沸かなかった。

2、3日は廃人と化してました。

もっとかな?

しかし、何もしないと生活は困窮していくばかりです。

袋ラーメンとごはんにふりかけの日々が続きました。

とにかく、次何の仕事をするのか全く浮かばなかったのです。

と、思わぬ電話がかかってきました。

1社目の会社にいた時に知り合った、

イベント会社のM社長でした。

社長と言っても、社長1人のみの会社で、

1人でもうま~く段取りして、

そこそこ稼いではる人でした。

「仕事なにもしてへんのやったら会社の留守番してくれへんか」

というオファーでした。

M社長は旅行?仕事?視察?のような感じでアメリカに1ヶ月位行くので、

留守番頼める人を探してたようです。

行くあてもなく、さまよっていたので、

とりあえず、1社目の給料と同じ額で、請け負うことにしました。

まぁアルバイトみたいなものですね。

主には電話番とメールのチェックです。

社長の仕事用の携帯電話を預かっていたので、

24時間の電話番です。

ほとんど電話はなりませんでした。

メールもほとんどなく、

ぶっちゃけ、むちゃくちゃ退屈でした。

毎日、新聞を隅から隅まで読んで、時間をつぶしました。

税理士事務所を逃げるように辞めてから、

次の仕事への照準が定まらず、

何もする気がなかったので、

ただ会社に行って、新聞を読んで、昼ご飯を食べて、また新聞を読んで、

一日が過ぎていく、なんとも堕落した日々が続きました。

特にやることがない会社の留守番を1ヶ月間請け負って、

時が過ぎていくわけですが、

やりたい仕事も思い浮かばず、

お金もなく、どうにもこうにもならずでした。

仕事は忙しいとたいへんですが、

それよりも何もやることがない方がもっとたいへんです。

だんだん資金的にも厳しくなってきたので、

一日一食の生活になりました。

昼のみの食事でしたが、

近くに税込み500円でランチバイキングをやってるとこがあったので、

ずいぶん助かりました。

まあでも、毎日だと結構飽きてきます。

会社留守番というアルバイトは、

特に時間の縛り以外なにもないので、

新聞読んだり、寝たりで2週間位過ごしました。

さすがに、次の仕事を探さないとまずいので、

求人誌を買ったものかフリーペーパかは記憶がないですが、

とりあえず雑誌で探しました。

今のようにインターネットやパソコンも普及していなかったので、

職探しはまあまた大変です。

何がしたい、ということもなかったので、

給料の良さそうなのを見ていたような記憶があります。

成果をあげたら100万円以上の給料も可能!みたいな、

いわゆる歩合制のリフォーム会社に目が留まりました。

研修制度があるので、未経験の方も歓迎って書いていたような、

で、まぁ、なんでも良かったので、とりあえず応募しました。 

即、面接になりました。

面接に行って、仕事内容の説明がありました。

1件、1件訪問し営業をかける、でした。

マニュアルがあり、その通りに話しをして、

とにかくそこで決めるのではなく、

上司を連れて行く為のアポを取るだけで良い、でした。

ちょっと抵抗がありましたが、

「できますか」の質問に、

かる~く「はい、できます」と答えました。

次の日、電話があり、直ぐに採用でした。

会社の留守番という名の堕落したアルバイトを続けながら、

何とか次の就職先を見つけることができました。

リフォーム営業の仕事ですが、

仕事内容は何となくわかっていたような感じで、

かる~いノリで、

採用の連絡をもらった時は、

二つ返事で「はい、よろしくお願いします」でした。

留守番している会社は、

イベント会社とは別に印刷会社も同じ部屋にありました。

イベント会社経営のM社長の親がやっておられる会社でした。

その印刷会社にはM社長のお父ちゃん、お母ちゃん、妹ちゃんが働いてました。

たまに気にかけてくれて、喋ってもらったりしてました。

会社留守番の仕事を終盤を迎えることになった頃、

M社長のお母ちゃんから、飲みに行かないかと誘われました。

へんな意味ではなく、息抜きにみたいな感じでどぉでした。

すごくうれしかったです。

一日、一食のひもじい生活とお金もなく遊びにも行けなかったので…

その節は、ありがとうございました。

会社留守番をしていた会社のM社長が、ようやくアメリカから帰国されました。

約1ヶ月の勤務でした。

M社長からは、このままいてくれてもいいような提案がありました。

少し心が揺らぎましたが、以前勤めていたイベント会社とも密な取引があり、

ばつ悪い感じで、リフォーム会社も決まっていたので見送りました。

1ヶ月振替えると、いかに何もしていないかを改めて確認しました。

そんな仕事で、給料をもらうのは忍びないのですが、

生活もかかっていたので、仕方ありません。

プータロー卒業で、いよいよ次は3社目です。

 

長い文章、読んでくれて、

どうもありがとうです。

 

転職サイトに登録するならやっぱりこれですね☟

 

 

ちょっと一息、甘いものでも食べませんか ん~ん、スイ~ツ!

 

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

 

お時間があったら、過去の物語をまとめたものも、いかがでしょうか。

転職物語 1社目 初めての就職 総集編

転職物語 2社目までの間 総集編

転職物語 2社目 総集編

 

スポンサーリンク